交通事故と後遺症

何気ない日常の中で突然起きる交通事故は、車社会で暮らしている誰もが背負うリスクです 交通事故にあった結果怪我をしてしまい、それが治ることもあれば病院での治療が終わってもダメージが残ることもあり、そのことを後遺症と呼びます 後遺症には様々なものがあり、目に見えるものや見た目には分からなくても体に不調をきたし続けるものもあります

目に見えないものであれば例えばムチウチです 骨に異常がでるものではないのでレントゲンなどでは分からないものですが長期にわたって頭痛や痛む箇所が変動したり、気圧や天候の変化などで体に不調をきたしたりすることも多いです しかしムチウチはまだ比較的軽度なものと思われています それゆえにムチウチは後遺症とは認定されないものでもあります 更に重度な後遺症後を負ってしまった場合医師から後遺症の認定をしてもらわなければなりません

人が生活するにおいて仕事をしてお金を稼がなければなりませんが、いきなりその仕事を消失してしまうこともあります 交通事故の後遺症のせいで仕事ができなくなれば事故のせいでその分損失を受けたことになります その場合の賠償はあるのか、裁判の前例はあるのか また後遺症を持ったままでも新しい仕事はみつかるのかどうか 当サイトでは交通事故にあい後遺症を負ってしまったために仕事を失った場合や仕事を休んでしまったために起こる損失の賠償についてなど、交通事故による仕事の損失についてのお話をしていきます。



〔関連サイト〕
交通事故の後遺症の等級取得のサポートをしている弁護士法人です ・・・ 交通事故の後遺症 等級